数秘術

「相手にイライラする!」そんな時に持って欲しい視点

相手にイラつく時の対処法

おはようございます😊

今回は「イライラした時に意識してほしい視点」という記事を書いてみたいと思います。

 

イライラする 対処法

社会で生きるということは、様々な人と共存することです。

それは素晴らしいことであり、一人ではできないことも誰かとなら成し遂げることができたり、より大きなことができたりするもの。

 

でも、時にその「人との関わり」でイラついたり、傷つけられたりすることってありますよね?

そんな、人との関わりでネガティブな感情になった時に見てほしい視点が2つあります。

 

まず1つ目が

「本当の意味でいろんな人がいる」

ということを理解しておくことです。

 

決めつけるわけではないのですが、相手のタイプを大体予測できていると自分と摩擦が起きそうなところが分かります。

よく摩擦が起きるのが、大雑把VS神経質(笑)

あとは、ストレートすぎるVS察してほしい(笑)

 

いろんな要素が組み合わさっての人間なので、一人一人の中にこれら全てが備わっているわけですが

その割合がどれが多いかで変わってくるのだと思います。

 

私の例で言うと、LPが7なのでどちらかというと神経質だと思います。

だけどそれは自分の興味を示したものだけなので、それ以外は大雑把に見えることもあるかもしれません。

…この時点で他の人にとっては「分かりづらい」と思われそうですが(笑)

 

まず自分自身で自分のその部分を分かっておくこと。

そしてその上で相手がどんなタイプなのかを見てみるといいと思います。

 

まずは「自分はこういうところがあるよね」と認めてあげれていないと、相手に対して攻撃的になったりまたは自己否定に走ってしまうからです。

 

私がよく気になる視点は相手に対して「なんでもっとよく考えなかったんだろう」です。

それは私が一つの物事に関してじっくり考えるからなんですね。

 

でもこれを自分だけの世界が全てだと思ってしまったらよく考えない相手に対して必要以上にイライラしたり

逆に自己否定に走ると「こんなに考えちゃって神経質なのはよくないよね」なんて思ってしまうわけです。

 

つまりはお互い様。

自分の特性も理解してもらいたいのなら、相手の特性も理解してあげる努力をしないといけませんよね^^

 

そして2つ目は

「反応してしまうことに対しての自分の思い込みや望みが隠れている」

です。

 

相手に対して何か思うってことは、そのことに関して自分が何かしらを思っているから反応しているわけです。

嫉妬とかも手が届きそうだからあるもの。だから嫉妬って本当はその中に自分の望みが隠れているんですよ^^

だって、石原さとみに嫉妬します?(笑)

たぶん憧れはあっても、嫉妬する人は少ないですよね。

 

また、自分がしたくて、でも制限をかけていることもイラつくポイントだったりします。

例えば数秘3の人が本当は自分だってただ楽しいことをしたいだけなのに

管理職を任されてしっかりしなきゃいけない立場になって、仕事は増えて、楽しいことはなんもなくなって…

という状況のときに楽しそうな人を見るとすごくイライラすると思います。

 

本当の心の声は「私だって誰のことも考えずにただ楽しいことだけやっていたいのに!」だからです。

 

そんな時はまずそんな自分がいることに気付いてあげること。

 

そしてその上で、「どうやったらより仕事を楽しくすることができるかな?」という視点を持ってみること。

 

辛くて辛くて仕方なかったことも原因が分かると視点を変えて見ることができるので、

例え現状がすぐ変わっていなかったとしても以前よりもイライラすることは少なくなるんです。

 

それを続けていると結果的に自分から発するエネルギーも変わってくるので

「気がついていたら現状が変わっていた」

なんてこともあるかもしれませんね^^

 

イラついた時に意識してほしい視点として

「本当の意味でいろんな人がいることを理解すること」

「反応してしまうことに対して自分の思い込みや望みが隠れている」

の2つの点をご紹介しました。

 

少しでもあなたの気が楽になりますように^^

 

思い込みに気付いてポジティブな状態になれれば人生は変えられる!

潜在意識の力を理解して現状を変えてみませんか?

数秘を交えてあなたの思い込みや才能をお伝えしています。

個人セッションも行っています。詳細はこちらより。

ABOUT ME
Mii
サイトにお越しいただき、ありがとうございます。